不妊治療「シリンジ法キット」おすすめ3社を比較してみました

シリンジ法のやり方 不妊治療

こんにちは。不妊・流産・不育症経験者の やまだ ひまわりと申します。

コロナ禍の影響もあり、自宅でできるシリンジ法にますます注目が集まっています。

そこで、市販の「シリンジ法キット」にはそれぞれどんな特徴があるのか、シリンジ法経験者の目線から比較してみました(実際に使用した感想ではありませんのでご了承ください)。

スポンサーリンク

シリンジ法とは

シリンジ法とは、採取した精液をシリンジ(注射器の針を取った部分)に吸い上げて、膣内に注入する方法です。

「シリンジ法のメリット、やり方、体験をもとにした成功のコツ」を別の記事でまとめています↓

シリンジ法にリスクはある?

「シリンジ法は自宅でできる妊活法」と聞くと、「自分でやって大丈夫なの?危険では?」と心配される方もいます。

シリンジ法が危険かどうかは、ほかの不妊治療と比べてみると分かりやすいと思います。

まず、「タイミング法」に危険やリスクを感じる方や、衛生面で神経質になる方はあまりいないと思います。

「人工授精」はどうでしょうか。人工受精は子宮内まで届けるので、医師がエコーを見ながら衛生管理のもと行います。

これらの中間的な存在である「シリンジ法」は、タイミング法では困難な部分を器具に助けてもらいますが、処置は子宮の入口手前までのはなしです。

不衛生にならないような心がけをすれば、自分で行うことを極端に不安がる必要はないと思いませんか?

シリンジ法で気をつけること
  • 手指を清潔にする
  • 衛生的な器具を使う
  • 使い方通りに使う
  • 一度使った器具を使い回しない

それよりも、わたしもそうですが、一部の悩みを抱える人達にとっては、少ない費用で人工受精ができる神のような道具です。

操作に慣れるまでは苦労することもありますが、過度に怖がることはないと思っています。

市販のおすすめシリンジ法キットを徹底比較!

ネット通販で購入できる「シリンジ法キット」3商品の特徴を比較してみました。3つとも一般医療機器として販売されているものです。

妊娠報告が多数!レビュー評価の高い「プレメントシリンジ」

家庭用シリンジ法キット「プレメントシリンジ20回分」【シリンジ法・シリンジキット・シリンジ】

2015年発売の「プレメントシリンジ」は、国内初の家庭用シリンジ法キットで、海外では普及していなかった”カテーテル”をオリジナルで開発し、販売を開始したそうです。

セット内容はこちらの3点。 引用元: prement.jp

シリコン製のカテーテルは7mmと細身で弾力があります。タンポンよりも細いので、はじめて扱う方でも安心して使えそうです。

シリンジ法キット
引用元:prement.jp

この商品が何より安心できるのは、レビュー数が多いこと。妊娠報告も多いです。シリンジ法をはじめて間もなく妊娠された方。使い終わる頃に妊娠された方など時期は様々ですが、リアルな声があると安心できますね。

20回分あるので焦らず使える!

わたしがいちば有難い!と思った点は「20回分」とセット数が多い点です。

20回分あれば、1周期あたり
・5日間使っても4周期
・3日間使っても6周期
・2日間使っても10周期

ほかの方法と併用するケースも考えると、半年から1年以上も使い続けることができます!

目の前に20本のシリンジがあって、「これを使い終わるまでに1回でも妊娠できればいいんだ」と思うと、心に大きな余裕ができませんか?

心に余裕があること、焦らずリラックスして取り組めることは、妊活をする上でとても意味のあることだと思います。

「1回分 500円」というコスパのよさ

メーカー希望価格は9.980円(税別)なので、1回分あたりの価格はたったの499円。実際はamazonなどもっと安く購入することができます。

「プレメントシリンジ」はこんな方におすすめ
  • シリンジ法にじっくり取り組みたい方
  • 1周期に複数回トライできそうな方

1,000円台の3回分のお試しセットもある「武内製薬 Babymo シリンジ法キット」

武内製薬 Babymo 【一般医療機器】お試し3回分 シリンジ法キット [ シリンジキット カテーテル 自宅 で簡単 セルフ 任活 ]

パッケージデザインがかわいいBabymoのシリンジ法セット。

中身は「プレメントシリンジ」とよく似ており、カテーテルのタイプも一緒です。

1回分の価格も500円以内で、「プレメントシリンジ」と同じくらいですが、異なるのは「20回分セット」と「3回分セット」があること。

「3回分セット」は1,000円台で購入できます。

「シリンジ法ってどうなんだろう?」「試したいけど自分にできるだろうか?」など、とりあえず試してみたい方、使い続けられるか不安がある方は、このお試しセットからはじめるのも無駄がなくてよいかもしれません。

「武内製薬 Babymo シリンジ法キット」はこんな方におすすめ
  • シリンジ法がどんなものか、とりあえず試してみたい方
  • シリンジ法を続けられるか不安がある方

使いやすさを追求した形状とブランドの安心感「SAGAMI タイミングエイド」

TIMING AID (タイミング エイド) 3キット入り (採精容器、採精容器スタンド、シリンジ、カテーテル)

「SAGAMI タイミングエイド」で特徴的なのは、カテーテルの形状と、採精スタンドが付いていることです。

1.カテーテルがシリンジをすっぽり覆う

シリンジ法キット
引用元:ninkatsu-sagami.com/

カテーテルは他社商品とは異なる特徴的なデザインです。

  • シリンジをすっぽり覆う形状
  • 挿入のしやすさを考慮した流線形のデザイン
  • 子宮の入口まで届く長さ(11cm)

操作中にカテーテルが外れてしまう可能性が低いのは安心材料です。

先端部分が膨らんだ流線形のデザインは、挿入しやすくするためですが、他社商品と比較するとやや太め。そして長め。

レビューを読むと、この大きさが人によっては使いづらいようですが、この形、よくみると経腟プローブに似ています。

経腟プローブとは、子宮内のエコーを見るために膣に挿入する器具で、不妊治療の診察や妊婦検診に使われるもの。

「他社の商品を先に使っていると、違和感があるのかな?」
「人工授精など不妊治療経験がないと、抵抗感あり?」と想像してみたり…。

好みは分かれそうです。

2.シリンジで最後まで吸い上げられる安心感

もうひとつの採精スタンドは、地味に見えて便利な道具だと思います。

なぜかというと、シリンジで吸い上げるときは、両手で操作したほうが安定します。でも精液を最後まで無駄なく吸い上げるには容器を傾けたいのです。すると手が3本必要。仕方がなく片手でシリンジを操作しようとしますが、これが慣れないと難しい…。

スタンドがあることで、この“手が足りない”悩みが解決。わたしはいつも片手でのシリンジ操作に苦労していたので、「こんなのほしかった!」と思いました。

老舗ブランドの安心感

このキットは3回分入りです。

1回分が2,000円を超えるので他社製品と比較すると高いです。

SAGAMIはコンドームを作っている会社です。セットになっているシリンジは医療機器メーカー「ニプロ」のもの。

そのあたりが価格に影響しているのかな?と想像していますが、デリケートな部分に使う道具なので安心感にもつながります。

「SAGAMI タイミングエイド」はこんな方におすすめ
  • シリンジ法がどんなものか、とりあえず試してみたい方
  • シリンジ法を続けられるか不安がある方
  • 他社製品のものが使いづらかった方

シリンジ法キット3商品比較表

商品名家庭用シリンジ法キット
「プレメントシリンジ」
武内製薬 Babymo
家庭用シリンジ法キット
タイミング エイド
セルフシリンジ法キット
キット内容・シリンジ(5ml)
・カテーテル(6cm)
・採取容器
・シリンジ(5ml)
・カテーテル(推定6cm)
・採取容器
・シリンジ(5ml)
・カテーテル(11cm)
・採取容器
・採取容器スタンド
数量20回分3回分/20回分3回分
1回分の価格(参考)~499円460円/490円2,559円

※価格は販売サイトにより異なります。

シリンジ法キットを選ぶポイントは?

「扱いやすそう」と思えるものを選べばOK!

デリケートな部分に使うものなので、販売元(製造元)のはっきりしている衛生的な商品を選びたいものです。

あとは、「妊娠のチャンスを増やす」→「妊娠の可能性を高める」のがシリンジ法のコンセプトだとしたら、まずは「使いやすそうだな」「これなら続けられそうだな」と思えるものを選ぶことだと思います。

クチコミはもちろん参考にはなりますが、自分が使いやすいかどうかは、一度試してみないと何とも分かりづらい商品であることも事実。

それに慣れもあります(慣れないうちは、どれを使っても難しいことも)。

これくらいの価格帯であれば、実際に使ってみて「これは私には使いにくい」となれば、気軽にほかのものを試しやすいですし、あまりこだわらずほかの妊活、不妊治療を選んでみるのもよいと思います。

シリンジ法キット選び方のポイント
  • 販売元(製造元)のはっきりしたものを選ぶ
  • 衛生管理がされた環境で製造されているものを選ぶ
  • 自分が扱いやすそうなものを選ぶ
  • 操作には慣れも必要だが、扱いづらい場合は違うタイプを試すとスムーズにいく場合も
  • シリンジ法が合わないと思ったら、ほかの妊活、不妊治療も視野に入れる

コメント

タイトルとURLをコピーしました