不妊治療にモチベーションは必要ない~やる気と妊娠は無関係~

メンタルケア

こんにちは。不妊・流産・不育症経験者の やまだ ひまわりと申します。

わたしのブログでは、望まぬ現実(不妊・流産…)に直面したときに、いかに心おだやかに過ごすかを実体験をもとに書いています。

先日、こちらの記事で、
「不妊治療のモチベーションを維持するために『エッセンシャル思考』が役に立つ」と書いたばかりなのですが、

まったく反対の知見が耳に入ってきました。

そもそも、何かを成し遂げたい時にモチベーションに頼るな!という話です。

スポンサーリンク

モチベーションってなに?

モチベーションとは、何かを成し遂げようとする意欲、やる気のこと。

仕事でもダイエットでも、目標を立てたときはやる気に満ちているものですが、日に日にその気持ちは売るれてしまい続かないことがあります。

「結局、モチベーションが続かなくて…」

そんな経験、誰しも一度や二度はありますよね。

しかし、「モチベーションが続かないから達成できない」という考え方自体が、物事を達成できない原因だというのです。

「目標を達成するために“モチベーション”“やる気”はいらない」と、ビジネスコンサルタントの星 渉さんは言います。

モチベーションなんていう不安定なものに頼るから実現できないのだと。

モチベーションより大切なこと

星さんの言葉を借りると、何か行動したり、目標を成し遂げたりするのに「モチベーション」「やる気」に頼ろうとしている時点で、その人は望む成果を残すことはできないといいます。

モチベーションが上がると物事は進むかもしれませんが、「上がる」ものは「下がる」わけですよね。

では、目標達成に必要なことは何かというと、行動です。

結局のところ、モチベーションがあろうがなかろうが、やる気があろうがなかろうが、行動をとるかとらないかのほうが人生に影響するということです。

そして、行動を確実にするために有効なのが、行動を続けるためのルール作り習慣化です。やるかやらないかに、いちいち意思確認を持ち込まないようにしてしまうのです。

前のブログで『エッセンシャル思考』の3つのポイントをご紹介しました。

見出し
  • 「やらなければ」ではなく「やると決める」
  • 「どれも大事」ではなく「大事なものはめったにない」
  • 「全部できる」ではなく「何でもできるが、全部はやらない」

これも、つまりは行動をどう選択するかということになります。

不妊治療にモチベーションは必要?

さて、話を不妊治療に戻します。

不妊治療は、なかなか成果がでなかったり、先が見えない日々が続いたり、不確定要素があまりにも多すぎます。

期待・不安・絶望が順繰りにやってくる心境はジェットコースターにも例えられ、そのなかで、やる気やモチベーションを保ち続けるのは、なかなか難しことです。

そんな気持ちの浮き沈みや、モチベーションを上げられない自分を責めたこと、ありませんか?

そして、さらに落ち込んでしまうこと、ありませんか?

でも、もうそのことで悩む必要はないのです。気持ちが浮いたり沈んだりしたっていいんです。

もう、モチベーションを上げようなんて、思わなくていいんだ!

と思えると、ひとつ肩の荷が下りたような気になりませんか?精神的にかなり楽になりませんか?

行動すれば必ず叶うわけでもないのが不妊治療ですが、行動しなければ何も始まらないのも不妊治療です。継続だけが、願いを叶えるための妙手です。

継続することが辛くならないよう、肩の荷を下ろすことはとても大切だと思うのです。

他人の妊活ブログと自分を比べて、「わたしはこんなに頑張れない…」と落ち込む必要もありません。

やる気やモチベーションに振り回されることがなくなれば、その分、心の消耗も防ぐことができます。

それは、不妊治療においてとても有意義なことだと思います。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ
不妊ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました