【不育症の妊婦生活】ヘパリン自己注射でかゆみや内出血。どんなマイナートラブルがある?

不育症

ヘパリン自己注射にマイナートラブルはつきもの。

これはもう仕方がないことなので悩んだりはしなかったのですが、注射をはじめるといろいろな症状が出てきました。

ひとつ前の記事

スポンサーリンク

ヘパリン自己注射のマイナートラブル

青アザ、しこり

注射を打ったところは、青アザができたり、しこりができたように固くなることが多かったです。

どちらも、時間とともに治っていくのですが、1日2回注射するので、こっちが治ればあっちにできて…といった具合で、常に全体的に青アザやしこりがある状態でした。

かゆみ

妊娠中期から後期にかけては、注射した部分にかゆみを感じることもありました。

肌が敏感なほうに傾くからでしょうか。

それ程ひどくはなかったので我慢していたのですが、病院で話すとかゆみ止めの塗り薬を処方してもらえました。

妊娠中に薬を使うことは抵抗があったのですが、妊婦もOKな薬で安心して使えました。

それを塗っておけば、かゆみもおさまり快適でした。

内出血

わたしはそれほど多くなかったのですが、注射した部分を時間が経ってから見ると、赤く内出血していることも。

青アザやしこりに比べれば、早いうちに治っていきました。

マイナートラブルはいつまで続く?

産後、いつの間にか消えていた!

注射を打っていたお腹周りや太もも外側は、妊娠中ずっと、青アザとしこりだらけでした。

「キレイに治るのかなぁ…」と心配でしたが、産後、いつの間にか消えていました!

赤ちゃんのお世話がはじまると、自分のお腹を気にしている余裕もなく、しばらく忘れていたのですが、ふと気付いて見てみたら、もう、どこに注射を打っていたかなんて分からなくなっていました。

むしろ、「あ、妊娠線できてる…」とそっちのほうが気になりました(笑)。

まとめ:マイナートラブルは少しの辛抱!注射を止めれば消える!

おそらく、ヘパリン注射を打っている方は、青アザやしこり、かゆみなど、何かしらの症状に悩まされるのではないでしょうか。

自己注射そのものは、回数を重ねるごとに慣れるし上手になるのですが、だからといってマイナートラブルが全くなくなるわけではありません。

マタニティフォトを撮れるようなキレイなお腹を保つことは、ちょっと難しいと思います。

でも、注射をやめれば必ずキレイになるので、あまり気にし過ぎずに安心して過ごすことがいちばんです。

あわせて読みたい

コメント

タイトルとURLをコピーしました